異世代交流の取り組み

保育 2015年10月19日

日生保育園ひびきの各園では、これからの福祉の在り方の一つとも考えられている異世代間交流に取り組み、地域のデイサービスや高齢者向住宅と定期的な交流を図っています。

【 異世代交流の一例 】

実施園

対象施設

内容

実施時期

梅島

デイサービス梅郷

・ハロウィン:合同仮装大会
・新年会:ご招待し獅子舞をご披露いただく
・歌や制作品のプレゼント
 ひびきの園児は勿論、梅郷さんにも大変喜んでいただいている

1回/月 

上馬

デイ・ホーム上馬

・敬老の日に「手作りしおり」をプレゼント。
・節分等のイベント
・運動会や生活発表会時はご招待し、見に来ていただく
・お散歩帰りなどにも立ち寄る等、頻繁に行き来を設定

月の行事や
お散歩帰りの際

矢向

特養しょうじゅの里

・ふれあい交流会
(伝承遊び、一緒に合唱、ソーラン節の披露など)

9月

鹿島田

地域の高齢者の方々

・触れ合い会
(伝承遊び、出し物の披露、昼食会)

9月

夢見ヶ崎

老人福祉センターいこいの家

・「いこいの家」イベント参加
(年長児によるソーラン節の披露)

11月

かしわ

オアシス柏あけぼの

・敬老の日
(クリスマスに歌、ダンス、制作品をプレゼント)

9月、12月

東日本橋

グループホーム人形町

・交流会
(年長児による歌、ダンス、制作品をプレゼント)

4回程/年

 

  

 

【その他の事例】

(日生かしわ保育園ひびき&日生オアシスあけぼの クリスマス会)

「日生かしわ保育園ひびき」はオープンした平成26年より、毎年、敬老の日やクリスマス等のイベントの際、同市内の高齢者住宅「日生オアシス柏あけぼの」に(主に)年長児が訪問。オアシスのご利用者と一緒にイベントを楽しむなど、世代を超えた交流を行っています。

2017年は12月25日(月)にクリスマス会が開催され、ひびきの年長児16名がオアシス柏あけぼのを訪問しました。50名近く集まったオアシス柏あけぼの/デイ柏あけぼののご利用者達の前で、歌やダンス、手話を披露。折り紙で作ったサンタ・ネックレスをお一人おひとりにプレゼントしました。

子どもたちからプレゼントされたサンタ・ネックレスを大事にお部屋に飾るなど、ご利用者も大変喜んでくださいました。また、逆に、ご利用者からいただいた手作りブレスレットに子どもたちも大喜びと、異世代間の交流は毎回、大好評です。

今後はプレゼント交換などのイベントも検討中です!

  

SSL GMOグローバルサインのサイトシール