新宿区立小学校PTA連合会の「家庭教育講座」に当社の薬剤師が協力しました

薬局 2019年05月24日

新宿区立小学校PTA連合会の「家庭教育講座*」に当社の薬剤師が協力し、広報紙『かけはし 第71号』(2019年3月8日発行)にて、その取り組みが紹介されました。
 

  • 家庭教育講座」とは:
    「家庭の教育力の向上」のために、教育委員会が助成している保護者や地域向けのセミナーで、保護者がテーマや講師を選んで交渉・準備する講座。多様化する社会に対応する子育ての中で、各学校で様々な取り組みが行われています。

    



< 講座概要 >



【 学校 】 市谷小学校

【  テーマ  】 知っているようで、実はきちんと知らない お薬セミナー

【 講師 】 日生薬局薬剤師 高井友子、佐々木理恵

【 概要 】
・「薬局薬剤師の仕事」の概要と薬剤師が果たす役割について
・「お薬との正しい付き合い方」「ジェネリック薬品と一般用医薬品との付き合い方」
  → その後、二つのグループに分かれて薬剤師を囲んでの座談会

【 講師の先生を選んだ理由・経緯 】
「薬」をテーマにしたものが今までに開催されたことが無いことからヒアリングし、好感触を得て、知り合いに非常に経験豊富な薬剤師(管理薬剤師や学校薬剤師、また災害時に現地に赴いての活動)の方がいたため依頼。

【 参加者数 】: 40名(小学校PTA及び地域の方々:文化委員10名を含む)
 →「いつも興味があってもなかなか参加できない」との声を反映し、土曜日開催とした。
 → 託児は利用せず、乳幼児と一緒にリラックスして参加できるように、会議室の前方2/3は講義形式、後方1/3はキッズスペースを設け、マットを敷いて乳幼児と参加できるようにした。

【 感想 】
・ 公園スペースの後ろに幼児連れで気軽に参加できたことが好評でした。
・ 知識が深まり、新たな気付きが多かった。
・ 勉強になり、今後に生かせる内容だった。
・ 話が分かりやすく、面白く、引き込まれた。
・ 座談会が良かった。




これからも日生薬局では、積極的に地域活動に協力し、地域の皆さまの健康づくりに貢献してまいります。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール