PHILOSOPHYひびきの理念

こどもたちといっしょに作る未来

日生保育園ひびきは、こどもたちのそれぞれの個性をありのまま受け入れ、一人ひとりの子どもの心に寄り添う、「自分らしさ」を発揮できる保育園を目指しています。
家庭との連携を大切に、共に子どもの成長を支え、喜びを分ち合い、明るく安らぎのある環境作りを心掛けています。

日生保育園ひびき 保育理念

私たちは愛を第一とした安全・安心の保育を基本として、家庭的な雰囲気の中、 個々がそれぞれに合わせて心身ともに健やかに成長する場を提供し、 人生の基盤となる安心感・信頼感を獲得させます。

人間形成にとって極めて重要なこの時期に、自分を信じる力、他人を信じる力を伸長させ、自分を大切にし、相手もまた大切にする人間を育てることを当保育事業の理念といたします。自分を信じ、相手も信じるという「人に対する安心感・信頼感」こそが、「人と人が良い人間関係を築くための基盤」であり、また「良い関係を築くことを心地よいと感じる基盤」でもあります。子どもたちが、これからの人生を、楽しく豊かに生き抜く上で非常に大切なものと考えております。

乳幼児の自主性・主体性を尊重する「見守る保育」を行っています。子どもの「みて」「できたよ」のサインに丁寧に関わり、共感することで自己肯定感を育てます。自己肯定感や自尊感情は、子どもの自信、主体性を育て、自分の大切さと智に他人の大切さを認めることにもつながると考えます。また、「縦割り保育」も取り入れ、お世話すること・されることを通して、人を信頼し助け合って生きるということを学ぶことを大切にしております。

保育方針

  • 心身共に健康で、意欲と思いやりのある、人間性豊かな子どもに育てます。
  • 一人ひとりの個性や生活リズムを大切にしながら、子どもたちが健康で安心して生活できる環境を整えます。
  • 日々を楽しく安心して過ごせる生活の場とし、一人ひとりの発達に応じて、そのままの子どもたちを温かく受け止め、愛情を持った働きかけをします。自分が愛され大切にされていることを感じながら、自分や他人を大切にする心や人との信頼感を育みます。
  • 常に子どもを中心に置き、保護者と保育者で子どもの成長の喜びを共有しながら、主体性や社会性を育て、基本的な生活習慣の確立を目指します。子ども達が自分から意欲的に関われる環境づくりに努め、子ども達の自主性や自立心を育てます。
  • いろいろな経験や遊びを通して、豊かな感性や想像力を育てます。
  • 家庭や地域社会との連携を大切にし、皆で育て育ち会える保育園を目指します。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール