日生薬局ひばりが丘店薬局長(2012年入社)

浅野 達也

SCROLL スクロール

INTERVIEW 日生薬局で成長した先輩へのインタビュー

すべては患者様のために。
「薬剤師がいてよかった」と思ってくださる方を一人でも増やしたいです。
薬剤師の職能や価値が向上すれば、社会全体の薬剤師へのイメージがアップし、
ひいてはそれが患者様への貢献になるはずです。

日生薬局を選んだ理由はなんですか?
日生では、介護保険制度の開始前から介護事業を展開し、さらに女性の働き方・待機児童などの問題が取りざたされる前から保育事業を展開しています。世の中が目を向ける前に日本が向き合うべき課題を察知し、取り組む姿勢に、企業としての発展性を感じ、強く惹かれました。私自身は在宅医療に関わることを目指していましたので、すでに無菌調整室などを備えていたことにもインパクトを感じました。さらに勤務地が都内中心なので、結婚・育児など将来のライフスタイルの設計がしやすかったのも魅力でした。
日生薬局でどのような経験を積んで来ましたか?
1年目~2年目は、様々な研修と実務を経て、業務と知識の基礎を築きました。2年目には先輩にサポートしてもらいながら、日本薬局学会で発表に臨みました。糖尿病の患者様が多く利用される店舗にいましたので、インスリンの手技を薬剤師がチェックすることで、手技や血糖コントロールの適正化にどのぐらい寄与できるかといったことを継続的に調査し、発表しました。
後輩の指導も大きな経験です。初年度から実務実習生の指導に関わったり、2年目には新人のOJTの指導を担当したりと、「教えることで自分も学び向上できる」ことを実感しました。3年目にはひばりが丘店開店に伴い管理者に任命されました。新店舗の開店準備に関わり、法的な届け出、スタッフの動線のシミュレーションだけでなく、隣接するクリニックの医師から採用薬剤のご要望を聞き、メーカーさん、卸さんとの折衝に至るまですべて初めてで、とても貴重な経験でした。2017年4月から薬局長を兼任、新しいステージにいます。
日生で今はどのような仕事をしていますか?
ひばりが丘店では介護事業と連携した在宅医療に取り組んでいます。医師の往診に同行したり介護施設で介護スタッフの薬剤管理の相談に乗ったり、施設だけでなく、個人の患者様への対応も増えました。また、地域の中でのかかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師としても役割も大きく、地域包括支援センターと協働して地域での健康フェアの企画・講演なども手掛けています。現在は薬局長として、自店舗を含めた4店舗のマネジメントを行っており、管理職としてより高い次元の連携の構築に取り組んでいます。
日生での仕事のやりがいを教えて下さい
最初は「経験も知識も浅い自分が管理者として出来るのだろうか?」と不安もありました。しかし経験豊富な先輩方がサポートしてくれるうちに、自信をもって仕事に取り組めるようになりました。挑戦する機会を会社からもらえたことに感謝しています。日生の経営理念は「まごころから始まる絆の響働」です。まさに社内での事業部を超えたスタッフ同士の緊密な連携、信頼関係の構築が、そのまま患者様との人間関係、その先の信頼関係の構築につながっています。患者様から「あなたがいてよかった」という言葉をいただくときが、何よりやりがいを感じる瞬間です。
これからの夢はありますか
私自身が患者さんにとって「相談したら必ず応えてくれる人」であり続けることで、薬剤師そのものの社会の期待が高まると信じています。自分が取り組んだことによって、薬剤師がもっと世の中から必要とされる存在になれればいいなと思っています。

日生でのキャリアステップ

1年目
OJTで業務の基礎的な力をつけながら、毎月行われる集合研修にも積極的に参加。社会人としての基盤を築きつつ、「国家試験を通ったプロ」としての意識を根底に持つことになりました。
2年目
業務の傍ら学会発表に臨み、薬学の専門家としての基礎を築きました。また後輩の指導に当たり、指導者としての技術を磨きました。
3年目
新店舗の管理者となり、店舗のマネジメント、クリニックや介護施設との連携を構築。在宅医療の現場に入り、患者様との信頼関係がより強いものとなりました。メンタリング研修を通して、先輩管理薬剤師から店舗マネジメントの考え方を数多く沢山学びました。
4年目
地域での連携の中での薬局・薬剤師の役割を能動的に模索することを続けています。6年目に薬局長となりマネジメント業務の幅が広がり、管理者としてのやりがいを感じています。また、メンタリング研修で新任管理薬剤師のサポートを行っているので、私が学んできたこと、感じてきたことを伝えていきたいです。